Paper accepted for ACL2021 Findings

Our conference paper by PhD student Makino has been accepted for Findins of ACL.

D1の牧野君の論文がFindins of ACL 2021に採録されました.

Findings はACLの新しい施策で,発表のない論文集としてACLの本会議論文とともに公開されます.ACLの厳しい査読を経て採録されていますので査読付きの業績となります.実際,査読のスコアは4.0, 3.5, 2.5でしたのでACL本会議論文と遜色のない内容だと思っています.私が査読者として査読する場合,4.0は滅多に付けないので,査読者のひとりがかなりの自信をもってサポートしてくれている点は喜んでいいと思っています.

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。